広報誌第1号[2019年1月]

広報誌てとて
インタビュー 院長/大部 雅英

インタビュー 院長/大部 雅英 医療と生活を繋ぎ支える。

何でも相談できる総合医療を

としま昭和病院は70年間、次の二つを大きな柱としてこの地域社会に根ざした医療活動を続けてまいりました。

①高度医療が必要になったとき、迅速に対応するため複数の大規模総合病院と密接に連携すること。
②自宅の生活で介護や生活支援が必要になったとき、身近に相談できるように介護施設や行政と連携すること。

近年は医療・福祉についての多くの問題が取り上げられている通り、医療行政も大きな転換期にあります。当院では、先述の柱に加え次の二つを大きなテーマとして体制作りを行っております。

③地域での役割「求められるサービス」を考え、患者さんへの治療「医療の質」をより良いものにすること。
④「高齢化社会」、「看取り医療」、「在宅医療」に正面から取り組むこと。

当院はこれらの課題に柔軟に対応できるよう日々変革を続けています。「相談してもダメだった」こんなことがないように、利用する皆さんの様々な問題に対応し、多くの選択肢を提案できることが大切です。そのためには、病院だけでなく地域全体と協力し、「どうやって上手に病気と付き合って生活するか」を見つけることが必要だと考えています。

「親の最期はこの病院で迎えました、ここに来ると思い出します。」という声を聞くたびに、としま昭和病院が皆さんの人生の一部になっているという大きな責任を感じます。
これからも地域の皆さんから信頼され、地域社会の一員として貢献できる病院を目指し、職員一同努力してまいります。

大部院長の略歴を見る
ハートネット連載

今回のテーマ 「訪問診療(在宅診療)」って?

訪問診療とは、通院が困難な方に対して、医師が定期的にご自宅へ伺い、健康管理を行うことです。
また、具合が悪くなった際は臨時でご自宅へ伺い診療を行います。

訪問診療1
訪問診療2

「往診」との違い

往診は患者様からの要請を受けて、医師がその都度ご自宅へ伺います。

※ としま昭和病院では往診を行っておりません。
往診

費用

一割負担の方で毎月2回の定期訪問診療を受けている場合、月額約7,000円です。
詳しくは医療相談「ハートネット」へご相談ください。

ハートネット相談窓口

「医療相談」とお申し付けください。 03-3953-5555 (代表) (平日)9:00 ~ 17:00
医療相談「ハートネット」の詳細へ
上田 靖子
うえだ やすこ

上田 靖子医師

血液型: B型
星座: 双子座

滋賀医科大学 医学部卒

・日本内科学会認定内科医
・日本糖尿病学会専門医

豊島区だより

還付金詐欺にご注意を!

豊島区では、保険料の還付や高額療養費等のお知らせは、文書にて送付しております。
電話で直接口座番号や携帯電話番号をお尋ねして、銀行のATM(現金自動預け払い機)で金銭の引き出し等をお願いすることはありません。
被害に遭わないよう十分にご注意ください。

引用元:豊島区公式ホームページ
〒171-0052
東京都豊島区南長崎5-17-9
03-3953-5555